隔週 月・水・土 隔週 火・金曜(午前~13時30分まで休みさせていただきます。)日曜・祝日-不定休日

2月3日(金)・6日(月)・8日(水)・11日(土)・14日(火)・17日(金)は、13時30分よりの営業となります。ご了承下さい。

全国旅行支援!都道府県により予算がなくなり次第終了・感染者の増加傾向により事業が停止される場合があります。その場合取り消しされた場合の取消料は、大部分の都道府県でお客様負担になっています。

また、秋田県、福島県、茨城県、埼玉県、新潟県、富山県は当社は事業者登録を行っていませんので、当社からの予約では支援を受けることができません。

下記の各コースは(株)徳バス観光サービス主催のサンデーツアーです。1月23日より受付開始!

淡路島では、緑PA限定で乗降可能です。残席・予約に関しては照会後のご連絡となります。受託販売で当社にて予約・ご入金・クーポンお渡しが可能です。

全国旅行支援を利用する場合、お申込時及び当日参加時にワクチン3回以上接種証明と居住地証明書の提示が必要です。

各県の予算がなくなり次第終了、訪問先の感染者状況により事業停止時は補助金を利用することができません。その場合も含めて取消の場合は正規代金に対して取消料が必要になります。

下記金額は大人代金で、別途こども代金を設定しているコースもあります。

2月23日(木) 日帰り 鳥取砂丘かにづくし重箱膳|@¥12500(全旅補助金¥2500)お支払い金額@¥10000

2月26日(日) 日帰り 日本海浜坂港・冬の味覚紅かに会席|@¥15000(全旅支援金¥3000)お支払い金額@¥12000

2月26日(日) 日帰り 都市型水族館アトアと北野神戸散策|@¥12900(全旅支援金¥2580)お支払い金額@¥10320

2月26日(日)~28日(火) 2泊3日 トレッキングコース 早春の伊豆 温泉と踊り子の天城越え、河津七滝、爛漫の河津桜|2名1室@¥65000(全旅支援金¥10000)お支払金額@¥55000 1名1室@¥70000(全旅支援金¥10000)お支払金額@¥60000 出発確定 やや余裕

3月5日(日) 日帰り 鳥取砂丘かにづくし重箱膳|@¥12500(全旅補助金¥2500)お支払い金額@¥10000 余裕あり

3月12日(日) 日帰り 冬の味覚海鮮3大御膳・伊根湾めぐりと天橋立|@¥15200(全旅補助金¥3000)お支払金額@¥12200

3月21日(火) 日帰り 宝塚歌劇・宙組公演S席|@¥18000(全旅支援金¥3000)お支払金額@¥15000 満席

3月21日(火) 2泊3日 トレッキングコース 熊野古道、中辺路39㎞完歩 熊野本宮千年の時に抱かれて|2名1室@¥62000(全旅支援金¥10000)お支払金額@¥52000 1名1室@¥66000(全旅支援金¥10000)お支払金額@¥56000

3月26日(日) 日帰り 都市型水族館アトアと北野神戸散策|@¥12900(全旅支援金¥2580)お支払い金額@¥10320

3月26日(日) 日帰り 白浜アドベンチャーワールド|@¥16200(全旅支援金¥3000)お支払い金額@¥13200

4月30日(日) 日帰り 宝塚歌劇・雪組公演S席|@¥18000

 

IMG_20230126_0003

*

IMG_20230126_0005

緑PA乗降限定 サンデーツアー〔(株)徳バス観光サービス主催〕募集中

サンデーツアー〔(株)徳バス観光サービス主催〕バスツアーの予約・入金・クーポンのお渡しが当社でもお取り扱い可能です。淡路島では、緑PA限定ですが、バス乗降可能でツアーにご参加頂けます。

7月17日(日) 日帰り ネスタリゾート神戸 大人@¥10000 こども4歳以上@¥9000 幼児3歳@¥5500

8月27日(土) 日帰り ネスタリゾート神戸 大人@¥10000 こども4歳以上@¥9000 幼児3歳@¥5500

貸切バスの新たな運賃・料金制度がスタート。貸切バス代が相当高くなります。

高速バスツアー事故等により、国土交通省は貸切バスの安全性向上を図る取組の一環として、貸切バスの運賃制度を抜本的に見直し、安全と労働環境改善コストを反映した時間・キロ併用運賃が実施されました。(経過措置あり)
貸切バス事業者は、運輸局が公示した運賃・料金で届け出を行う場合、公示運賃の上限額と下限額の幅の中で運賃を決定します。
1.時間制運賃とキロ制運賃を合算して計算します。
 ①出庫から入庫までの時間に、出庫点検・帰庫点検の各1時間ずつ合計2時間を加え、時間制運賃を乗じる(最低保障として、  3時間に点検時間の2時間を加算して最低5時間の時間運賃になります)
 ②出庫から入庫までの距離にキロ制運賃を乗じる。
 ☆①か②のいずれかではなく、①と②の両方を合計した金額がバス代金になります。
2.料金の種類について
 ①深夜早朝運行料金22:00~5:00(点呼時間も含みます)②交替運転手配置料金(たとえば長距離・長時間・夜間運行な  ど2名ドライバー乗車)③特殊車両割増料金(サロンカー、リフト付きバス)運賃の5割以内の割り増し。
上記のような計算になりますが、現状の商慣習のバス代金に比べると約倍程度になる場合もあります。
安全性を担保するには、値段が高くなることも致し方のないところですが、その幅の大きさにビックリします。
大型バスで1泊2日 北陸へ行こうと思うとバス代だけで30万円を有に超える金額となります。
消費税増税3㌫、5㌫どころではなく、増税により旅行マインドの減退が心配されるところですが、新しいバス代では毎年いっていた団体が、隔年になったり。遠いところではなく近場になったり。泊まりがけが日帰りなったりという事態が起こってくるでしょう。
但、経過措置があり各バス会社で新運賃・料金を適用する日が違いますが(最終6月30日届け出・適用日7月30日)までに契約が成立しているものに対しては、経過措置として旧料金で良いということもあります。
さて、経過措置ですが、国交省の見解では「平成27年3月31日までとすべきである」ということですが、「すべきである」というニュアンスは?
いずれにしても安全を担保するためにバス代が上がりますが、バス代金の金額を見て腰を抜かさないようお願いして、今後とも弊社をご利用頂きますようお願い致します。

ご予約・お問い合わせは電話でお気軽に!