下記の各コースは(株)徳バス観光サービス主催のサンデーツアーです。

淡路島では、緑PA限定で乗降可能です。残席・予約に関しては照会後のご連絡となります。受託販売で当社にて予約・ご入金・クーポンお渡しが可能です。

12月6日(日) 日帰りNO620 旅館ひだまりカニフルコースと城崎温泉街散策 旅行代金¥21000(給付金¥7000)【お支払実額¥14000】[地域共通クーポン¥3000]

12月6日(日) 日帰りNO622 トレッキング第1回京都一周トレイル 伏見稲荷より南禅寺〈山のガイド付〉11㎞約5時間旅行代金¥15000(給付金¥5250)【お支払い実額¥9750】[地域共通クーポン¥2000]

12月20日(日) 日帰りNO617 鳥取砂丘特選かに尽くし御膳 旅行代金¥16800(給付金¥5880)【お支払実額¥10920】[地域共通クーポン¥3000]

緑PA乗降限定 サンデーツアー〔(株)徳バス観光サービス主催〕募集中

下記の各コースは(株)徳バス観光サービス主催のサンデーツアーです。

淡路島では、緑PA限定で乗降可能です。残席・予約に関しては照会後のご連絡となります。受託販売で当社にて予約・ご入金・クーポンお渡しが可能です。

12月20日(日) 日帰りNO618 湯村温泉・名宿「井づつや」で味わう《本格蟹会席または但馬牛会席》 旅行代金¥25300(給付金¥7000)【お支払い実額¥18300】[地域共通クーポン¥3000]別途こども設定金額あります

令和3年

1月17日(日) 日帰りNO618 湯村温泉・名宿「井づつや」で味わう《本格蟹会席または但馬牛会席》 旅行代金¥25300(給付金¥7000)【お支払い実額¥18300】[地域共通クーポン¥3000]別途こども設定金額あります

1月24日(日) 日帰りNO620 旅館ひだまりカニフルコースと城崎温泉街散策 旅行代金¥21000(給付金¥7000)【お支払い実額¥14000】[地域共通クーポン¥3000]

1月24日(日) 日帰りNO617 鳥取砂丘特選かに尽くし御膳 旅行代金¥16800(給付金¥5880)【お支払実額¥10920】[地域共通クーポン¥3000]

1月31日(日) 日帰りNO619 浜坂産タグ付き松葉かに会席 旅行代金¥18800(給付金¥6580)【お支払い実額¥12220】[地域共通クーポン¥3000]別途こども設定金額あります

 

 

ツーリスト洲本ブログ

ひょうご観光本部「改めて、感染防止の徹底を!」(周知依頼・一部抜粋)
投稿日:2020年11月19日

改めて、感染防止の徹底を!

皆様の大切な方の生命・健康ヲ守るため、改めて、次の「5つの場面」に注意して下さい。

1.飲食を伴う懇親会等

2.大人数や長時間におよぶ飲食

3.マスクなしでの会話

4.狭い空間での共同生活

5.休憩室、喫煙所、更衣室等

上記の場面では、感染リスクが高まりますので、その後の自身の体調や行動に注意して下さい。

【飲食店事業者の皆様へ】

○Go to Eat参加飲食店では、パーテーション、アクリル板、テーブル等を利用し、利用客が家族や介助者を除き「4人以下の単位」として下さい。

○Go to Eatに参加されない飲食店も、家族や介助者を除き「4人以下の単位」となるようご協力下さい。

【その他の事業者の皆様へ】

○従業員に対し、職場や寮のほか、仕事後の飲み会などにおける感染防止の徹底を呼びかけて下さい。

○業種別ガイドライン等に基づく感染防止策を徹底し、「感染防止対策宣言ポスター」を掲示して下さい。

○「兵庫県新型コロナ追跡システム」への登録と、QRコードのテーブルやカウンターなど見やすいところでの掲示をお願いします。

【県民の皆様へ】

○ガイドライン等に基づく感染防止策がなされていない、県内外の感染リスクの高い施設(特に接客を伴う飲食店、酒類の提供を行う飲食店、カラオケなど)の利用を控えて下さい

○飲食店を利用する場合は、家族や介助者を除き「4人以下の単位」ごとになるようご協力をお願いします。

○マスクの着用、手洗い、身体的距離の確保、3蜜(密閉・密集・密接)の回避など、「ひょうごスタイル」に取り組んで下さい。

特に、近距離の会話、移動中の車内でもマスクの着用を徹底して下さい。

○冬期を迎え暖房を使用する場合でも室温が下がらない範囲で窓を開けるなど、換気を徹底して下さい。

○接触確認アプリ「COCOA」、「兵庫県新型コロナ追跡システム」の利用をお願いします。

皆様一人ひとりが「うつらない・うつさない」との強い思いで取り組むことが大切です。

一層のご理解、ご協力をお願いします。令和2年11月18日

https://web.pref.hyogo.lg.jp/

 


寒冷な場面における感染防止対策の徹底について
投稿日:2020年11月17日

今般、新型コロナウイルス感染症対策分科会から、「最近の感染状況を踏まえたより一層の対策強化について」が提言され、その中で、換気の問題等、寒冷な場面における感染防止策について、「例えば特に飲食店などでは二酸化炭素濃度をモニターするなど、具体的な指針を示すこと」とされたことから、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室より別添のとおり事務連絡がまいりました。
_つきましては、各局等におかれては、提言を踏まえ、冬期における換気等が十分なされるよう、別添の「寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイント」を所管事業者・関係団体等へ広く周知をお願いいたします。
_特に、所管事業者・関係団体等には、下記事項の周知を行い、業種ごとの感染拡大防止ガイドライン(以下「業種別ガイドライン」という。)改訂の検討を促すようお願いします 。
_
● 「寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイント」を周知すること。特に、寒い環境での適切な換気(機械換気や室温が下がらない範囲での常時窓開け)や適度な保湿(湿度 40% 以上を目安)が新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に有効と考えられることや、飲食店など、特に密が発生しやすい場所では、換気状況を確認すること等が有効であることを周知すること。

https://www.anta.or.jp/mmb/kaiin/data/r021112_covid19_kanki.pdf

 


観光庁より、団体ツアー実施における感染防止対策の徹底について(周知依頼)
投稿日:2020年11月17日

_観光庁では、新型コロナウイルス感染拡大防止と社会経済活動の両立を図っていくため、観光関連事業者と旅行者の双方において、互いに着実に感染拡大防止策を講じながら、Go To トラベル事業を実施しております。
_11月9日の新型コロナウイルス感染症対策分科会「緊急提言」では、「感染リスクが高まる「5つの場面」」として、「大人数、例えば5人以上の飲食では、感染リスクが高まる」ことが示されたことを踏まえ、下記のとおり対応をよろしくお願いいたします。
_
① Go To トラベル事業を利用する団体ツアーにおいては、バス内での食事は禁止すること
ツアーを主催する旅行業者に対し、バス乗車中の食事は禁止であることを周知徹底するとともに、ツアー参加者にも周知していただくこと。
【対応時期】速やかに対応
_
② Go To トラベル事業を利用する団体ツアーにおいては、飲食は各都道府県における、Go To イート事業の条件を満たすものに限ること
ツアーを主催する旅行業者に対し、飲食の場においては、例えば、個室、パーティション、テーブルを分ける、アクリル板で区切る等により、物理的に4人以下の単位に分ける措置をとることなどを周知徹底するとともに、旅行事業者によりツアー参加者にも周知していただくこと。
【対応時期】都道府県において対応が固まり次第、11/21(土)以降速やかに対応

 


GOTOトラベル事業のビジネス出張の対象除外と泊数制限、「旅行商品の基準・考え方」について
投稿日:2020年11月06日

GOTOトラベル事業事務局より、ビジネス出張の対象除外と泊数制限の通達がありました。下記に事務局Q&Aを抜粋して掲載いたしますので、ご確認下さい。

Q.ビジネス出張支援の対象外の理由とは?

A.事業開始時においては、観光・ビジネスの別を問わず、人の動きガ激減していたことから、ビジネスを目的とした旅行についても支援対象としてきました。人の動きが回復してきている中、ビジネス出張については、企業の業務の必要性に基づいて行われるものであることから、企業において経費として支払われる事が一般的ですが、本事業は企業の負担軽減を目的としたものではないとともに、より多くの旅行者にご利用頂く観点から、企業において本事業をビジネス出張に利用することは極力控えて頂くこととしました。

本事業の支援の対象として適切であると認めるか否かを社会通念上の観点も含めて総合的に判断することとしております。(旅行商品の性質で判断します)

①観光を主たる目的としていること

②感染拡大防止の観点から問題ないこと

③旅行商品に含まれる商品やサービスの価格が通常の宿泊料金の水準を超えないこと

④旅行者自身が旅行期間中に購入又は利用するものであること

Q.支援の対象となる旅行商品について、泊数制限を導入するとのことですが、その具体的な内容について教えて下さい

A.Gotoトラベル事業開始時においては、観光・ビジネスの別を問わず、人の動きが激減していたことから、上限泊数について特段の制限を設けておりませんでしたが、人の動きが回復してきている中、8泊以上の観光目的での宿泊がごく少数であるという利用実態等を踏まえ、また、より多くの旅行者に本事業を有効に活用いただき、さらなる観光需要を喚起する観点から、1回の旅行で7泊分までを支援の対象とすることとします。(1回の旅行中にそれぞれ違う宿泊施設に宿泊した場合であっても、8泊以上の宿泊を伴う旅行であれば、7泊分までが支援の対象となります。)11月17日0時以降の予約・販売分より適用します。

宿泊代金と比して極めて高額なホテルクレジット付き旅行商品等の取扱いについて
一部の参加事業者において、観光を主な目的としているとは言えない旅行商品等の販売が
確認されております。
現行のサービス産業消費喚起事業(Go To トラベル事業)旅行会社・OTA等旅行事業者・
宿泊事業者向け取扱要領における「(3)給付金の給付対象となる商品」中【宿泊代金・旅
行代金に含められないもの】②(事務局が対象商品として適切でないと認めるもの)に基
づいて個別具体に支援の対象外とするか否かを判断することとしていますが、こうした
状況を踏まえ、その基準・考え方については別添のとおり明確化することとします。

(事務局が対象商品として適切であると認めるか否かの基準・考え方について)
① 観光を主たる目的としていること
② 感染拡大防止の観点から問題がないこと
③ 旅行商品に含まれる商品やサービスの価額が通常の宿泊料金の水準を超えないこと
④ 旅行者自身が旅行期間中に購入又は利用するものであること
等を社会通念上の観点も含めて総合的に判断。

<対象外となる商品の例>
・通常の宿泊料金(1万円程度)を著しく超える、館内のルームサービス、食事等で
いつでも利用できるホテルクレジット(3万円程度)付宿泊プラン
・通常の宿泊料金(5千円程度)を著しく超える商品(3万円程度)付きの宿泊プラン
・ヨガライセンス講習(4泊5日20万円~)、英会話講習付き宿泊プラン(2泊3日
28000円)、ダイビング免許付き宿泊プラン(5~10万円)

ビジネス出張を目的とする旅行商品については、本事業の目的である観光需要の喚起と
いう観点から、本事業の利用を極力制限させていただくべく、法人の出張手配を目的と
した予約サイトにおける割引の適用除外など、利用を制限するための措置を講じること
とします。

既にこれらの旅行商品を予約している場合については、利用者、事業者への影響も考慮
し、引き続き支援の対象とし、今後販売する場合については利用者・事業者への一定の
周知期間が必要であることに鑑み、11月6日(金)の予約販売分より支援の対象外と
します。

なお、支援対象外の部分と旅行代金(宿泊・交通費)を明確に区分して販売するものに
ついては、当該旅行代金のみ、本事業の支援の対象になります。
しかしながら、当該旅行商品を販売していた事業者のホームページでは、
このような例外的措置後もGo Toトラベル事業の対象商品であるとの誤解を招きかねな
い発信をされておられましたことは誠に遺憾であり、今後、類似事案が頻発するようで
あれば、本事業そのものの継続も難しくなる恐れがあることから、
今後、以下の措置を執らせていただきますことを改めてお知らせ致します。

「旅行商品の基準・考え方」に照らし、適切でないと認められる旅行商品については、
既に販売した分を含め周知の期間を置かず、直ちに、給付金の給付対象とはしないと
の判断を行う場合があります。

また、万一、事務局の是正の指導等に従うことなく、参加事業者において、Go Toトラ
ベル事業の対象旅行商品として販売が続けられた場合には、事業者の参加登録を取り
消させていただきます。


当社の新型コロナウィルス感染症防止対策について
投稿日:2020年07月24日

平素は、当社をご利用頂きまして誠に有り難うございます。
当社の新型コロナウィルス感染症対策について日本旅行協会が発表した「旅行業における新型コロナウィルス対応ガイドライン」に準じて、下記の点に配慮して感染防止対策に対応いたします。
◎カウンター受付業務
①対面となる受付カウンターに飛沫防御のため透明シールドパテーションを設置いたしております。
②ドアノブ、カウンター座席、カウンターテーブルの消毒の徹底します。
③営業所室内の換気・循環のため、ドアの開放、換気扇の利用、送風機により室内空気の屋外への放出努力します。
④お客様がいつでも利用できるように手指アルコール消毒液の設置します。
⑤従業員の外出からの帰社時の手指洗浄、マスクの着用します。
◎受注型、募集型企画旅行
バス会社、各宿泊、食事、観光施設へ業界の新型コロナウィルス感染症対策のガイドラインに従った対応を依頼します。
若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体、既往症をお持ちの方、大人数の宴会を伴う旅行などは新型コロナウィルス感染症の感染状況が当面お控え頂き方が望ましいです。
万一、団体の中にお控え頂くのが望ましい方がおられる場合は、当社からの感染症対策にご協力頂くことを条件とさせて頂き、ご自身におかれましても十分に感染症対策をお心掛け下さい。
バス会社への協力要請します。
①バス車内にアルコール消毒液の設置
②乗務員、添乗員のマスクの着用(熱中症対策などにより一定の距離を確保できる場合は外すこともあります)
③運行前、旅行実施時の定期的な消毒、及びバス車内の定期的な換気。特に乗降時に触れる機会の多いドア周りの手すり等の消毒の徹底。
④従前よりのゆったりとしたスケジュール、休憩時間の確保。
食事施設、宿泊施設、観光施設のへ協力要請
各ガイドラインに従って、可能な限りのソーシャルディスタンスの確保の要請します。
①チェックイン時など直接の対面を避けるなど、予防策を講じた上で施設利用時に検温及び本人確認の実施依頼。
②食事の個別提供、従業員による取り分け、トングや箸等の共用を避けるなどの工夫。
③共用スペース等の利用人数制限、時間制限、消毒、換気の徹底。
募集型企画旅行では、集合時非接触型体温計により、体温をチェックさせて頂き、体温が37.5度以上のお客様にはご参加をご遠慮頂きます。また、お客様自身でも出発の2週間前当たりから日々の体温をチェック頂き、味覚・嗅覚が感じにくいとか、体にだるさなどが感じることがありましたら、必ず当社へご相談下さい。
旅行中はソーシャルディスタンスを確保できる場合を除き、マスクの着用をお願いいたします。
現在、多くの施設にてマスクの着用を義務化されておりますので、ご協力をお願いいたします。
募集型企画旅行では、バス車内でのアルコール類の飲酒はご遠慮下さい。
旅行中においても風邪症状や微熱症状を発症したお客様は、場合によっては旅行から離団して頂き、他のお客様への感染防止の対応を行います。また、保健所等への連絡、指示を仰ぐ場合もありますので、あらかじめご了解下さい。
当日の参加者名簿は必ずご提出下さい。概ね旅行終了後、約2週間程度保管させて頂き、その後廃棄させて頂きますのでご了解下さい。
出発確定後においても発着地どちらかに自粛要請もしくは緊急事態宣言が出た場合は、直近でありましてもツアーを中止させて頂きますのでご了解下さい。
皆様に快適で楽しい旅行の提供に努めて参りますので、ご理解とご協力のほどお願いいたします。


ご予約・お問い合わせは電話でお気軽に!